1 2 3

4月13日(木) Club100 第112回定例会を都内某所にて開催いたしました。
ゲストにベストセラーシリーズ 『伝え方が9割』 の著者である、ウゴカス代表 佐々木圭一氏をお迎えし、

“「強いコトバ」をつくる技術”

をテーマに、参加者の皆様とのディスカッション・ワークショップを実施しました。

シリーズ100万部を超えるベストセラーシリーズの著書であるとともに、著名コピーライター、またChemistryや郷ひろみといったトップアーティストに作詞提供をするなど作詞家氏としても有名な、佐々木圭一氏のご登場、今回も会場定員を超える皆様にご来場いただきました。

多くの有名なキャッチコピーを例題にしながら、コトバを生み出すコツを丁寧に・端的にご説明いただつつ、またその具体的なワークショップをいくつか実践することで、より効果的な言葉を生み出す楽しさ・面白さを気づく時間止まりました。

佐々木さんいからいたいだいた最後の言葉
「『伝え方が9割』と書いたが、本当は世の中にあるものは中身が10割。ただ伝え方がうまくないがゆえに、肝心の中身を多くの人に渡らないことが残念。これをなくしたい。」

が非常に印象的です。

ご参加いただいた皆様には、今回佐々木様から伝授された多くの “レシピ” を数多く実践の場でご活用いただき、多くの素晴らしい “料理” (= 強いコトバ) を生み出していただければと考えております。

佐々木さん、そしてご来場いただいた皆様には心より感謝申し上げます。
 
 
 
 
《告知:次回は特別篇!!》

【日時】 5月17日 (水) 18:30~ @駐日イタリア大使館

【ゲスト】
・東京フィルハーモニー交響楽団 主席指揮者
  アンドレア ・バッティストーニ 氏
・ピアニスト
  セルジオ・バイエッタ 氏
・クオンタムリープ 代表取締役 
  出井 伸之
<モデレータ>
・東京フィルハーモニー交響楽団
  松田 亜有子 氏

【内容】
ぼくたちのクラシック音楽
– 音楽に”パラダイムチェンジ”を見つける –

次回の定例会は特別編。
駐日イタリア大使に特別にお招きいただき、イタリア大使館にて開催できることになりました。
注目を浴びる新進気鋭の天才指揮者・アンドレア ・バッティストーニ 氏と弊社代表・出井の対談の中で、
色々な目線からクラシック音楽を楽しく読み解いて行く予定です。
また、同じくイタリアから来日中の天才ピアニスト・セルジオ・バイエッタ 氏による特別演奏も何曲か行われます。
全身の感性に潤いを与えられる、そんな時間とさせていただければと思います。

是非、皆様のご来場お待ちしております。