QUANTUM LEAPS クオンタムリープ株式会社
f
MENU

イベント情報Event Information

2022.01.20

SHARE f
参加受付終了
Club100

Club100第169回定例会(ソニーグループ株式会社 代表執行役 副会⻑・石塚茂樹氏)

2022年1月20日(木)、Club100第169回定例会を開催致しました。

ゲストにソニーグループ株式会社代表執行役副会長 石塚茂樹氏をお迎えし、『ソニー・

エレクトロニクス事業の変革~環境変化への対応力、先んじて自らを変えられるか』を

テーマに、ソニーグループの掲げる「Purpose」とは何か、石塚氏が長期にわたり携われたソニー祖業であるエレクトロニクス事業の変遷と実例を挙げながらご講演頂き、御参加頂いた皆様とディスカッションを実施しました。

 2021年4月、ソニーはグループ本社機能とエレクトロニクス事業の本社間接機能が混在していたソニー株式会社を分離・再定義し、「ソニーグループ株式会社」をグループ本社機能に特化した会社に、エレクトロニクス事業の商号を「ソニー株式会社」としました。

社名変更は1958年に東京通信工業からソニーに社名を変更して以来、63年ぶりであり、

祖業であるエレクトロニクス事業がソニー株式会社という商号を引き継ぐという象徴的且つ、戦略的な組織改編は社会にインパクトを与えました。

エレクトロニクス事業は、数々のヒット商品を生み出しながらも利益率が低く、長年ソニー低迷の要因でしたが、石塚氏を筆頭に「規模を追わず、違いを追う」といった理念を確立し、また他事業との掛け算式相互効果によって、黒字化に導くことに成功していきます。

ソニーグループは「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動でみたす」

というPurposeを掲げています。創業者のひとり井深氏が起草した設立趣意書にあるように、技術によって文化・社会に貢献すること、人々に感動を与え、何より社員自身がわくわくする感覚とチャレンジ精神を忘れないこと。これは現在も企業活動の原点となっています。昨今の災害や新型コロナウィルスにより世界的に困難な状況が続く中で、より一層ソニーの存在意義は大きくなっており、今後のソニーグル-プのビジョンについても語って頂きました。

皆様からは、エレクトロニクス事業の問題点や可能性について、具体的な事案をあげながら多くの御意見を頂戴致しました。

御参加頂きました会員の皆様には、深く感謝致します。

最後に、御登壇頂きました石塚茂樹様には、厚く御礼申しあげます。